FC2ブログ

日曜日の午後

日曜日の午後はどこかせつない気分
たとえば三十年ほど前なら
そう、あの平和だった時代の象徴のような家族が
テレビの中で楽しそうに笑ってる時刻
僕も大好物のカレーライスを食べながら笑ってはいたが
心の中でまた憂鬱が踊っていた
明日始まる学校のせいでもなく
あいつと殴り合った喧嘩のせいでもない

なんだか大事なものを置き忘れたような
なんだか大事なことをやり忘れたような
いつも日曜日の午後は・・・・・・

日曜日の午後はどこかいらだつ気分
たとえば二十年ほど前なら
そう、あのアルバイト先の飲み屋で
酔っぱらった人たちが楽しそうに笑っている時刻
僕も汗だくになって料理や酒を運びながら笑ってはいたが
心の中でまた空しさが踊っていた
うかれ過ぎた人たちのせいでもなく
割ってしまったグラスのせいでもない

なんだか大事なものが逃げていくような
なんだか大事なことが見えないような
いつも日曜日の午後は・・・・・・

日曜日の午後はいまやわらかな気分
たとえばこの詩が書き終わる頃
そう、あの娘と二人で夜の街を走り抜ける
食事をしたり酒を呑んだり
僕もあの娘もやわらかな日曜日の午後に
やさしく溶け込んでいくだろう
心の中の憂鬱や空しさはもう踊り疲れたようだ

そろそろ置き忘れたものを取りにいこう
そろそろやり忘れたことをやりにいこう
そろそろ捕まえにいく
そろそろ見えるはずだから

いま日曜日の午後は・・・・・・
プロフィール

tukeji

Author:tukeji

昭和中期の冬に大阪で生まれる
バンド、詩、その他もろもろの真っ最中

<当サイトに掲載されている詩、文書の著作権は全てtukejiに有ります。無断転載、複製は固く禁じます>
リンクはフリーです。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる