忘れ去られた影

静かに過ぎる
忘れ去られた影
たしかそこに在ったはずなのに
もう光は射さず
随分と時は流れた
だけども本当は知っているんだ
あの時この鼻をついた匂いが
すぐそこにある事くらいは

止まってはいなんいだよ
すっかり遅れた全ての者、物、もの
誤摩化すことは最良の逃げ道であり
最悪の逃げ道だと思い知りたい

昨日の事のように

昨日の事のように蘇るのは
まだずっと前の凍える寒さすら気にならなかったあの冬の道
急かされるものも脅かされるものもなく
ましてや明日の事など考える意味さえなかった       
立ち止まる事の辛さも知らず
走り続ける事に疲れも感じず
何か足らないやわらかな安心感に埋もれたままの冬の道

戻れるはずもないのにただ想う
吹き荒れていたあの時の風を
戻る意味もないのにただ想う
昨日の事のように

妥協

消えた余韻
もの足らないで
抑え込んだままのわがままと
吐き出せないままのいらだちと
上手にいかない美しき夜でも
とりあえずはこんなところで溶け込む事に
とりあえずは

いかせてる

いろんな思い詰め込んで
いかせてる
ここにしかないんだ
いかせてる

いかしてるじゃなくて
いかせるじゃなくて
たったひとつの思いとか

いつも言葉は面倒で
いかせてる
だが信じてやまない
いかせてる

いかしてるじゃなくて
いかせるじゃなくて
どこにもない願いとか

未だ止まず

とぼけたふりなどしたくない
遮って行く煩わしきものは置き去りにして
走り続けるこの果てにあるものなど知っちゃいないけど
何かを忘れた訳でもなく
何かを思い出した訳でもなくて
ただ止まらない時間の中で幾度となく逆らい続けてきた

今更に滞る心などこれっぽっちもない
当然の如く破れる心など持ち合わせちゃいない
未だ止まず

ひねくれて

泣きたいから笑う
笑いたいけど泣いてしまう
拠り所のない日の辛さに叩かれても
ひねくれた心はそう簡単には折れはしない

終わりなんて何処にもない
始まりなんてあやふやでかまわない
どうしようもない事は捨ててきたが
ひねくれたところで全てを失った覚えはない

ねじ曲がっても倒けられないんだ
ねじ曲がってるからこそ
倒けられないんだ

誰の所為でもなく

この広い空の下で
なぜ今ここにいる
行く場所なんて他にもあった
わからないけど
選んだのは多分僕だった
この汚れた世界で
なぜ生き長らえる
やり方なんてひとつじゃなかった
知っているんだ
当たり前の事だったと
誰の所為でもなく

こんな夜にかぎって

僕が言えるのはただの戯言
その痛みなんて何ひとつ分らずに
だけど分ったふりをしたいんだ
その痛みを分かち合う手段なんてそれしかないのを知っているから

何を言ってもただの泣言
この煩わしさは上手く伝わらず
できれば何とかしたいんだ
この痛みを分かち合う必要なんて全くないのを知っているから

ただ、この声は大袈裟すぎて
大事なものさえ掻き消してしまいそうだ
まだ、この声は大袈裟すぎて
余計なものさえ引きずり出してしまいそうだ
こんな夜にかぎって

愛の歌を死ぬまで聞きたい

あれからどれだけ過ぎたのだろ
世界はまだ馬鹿でどうしようもない
悲しいけれどもちろん愛なんて二の次らしい
なんとか俺たちは今夜も酔っぱらっているけれど
なんとか俺たちは乗り切ったふりをしているけど
ありつけない不自由が然も当たり前の事らしい
笑ってしまうが今じゃそんなものが愛というらしい
ふっ、昨日のジョン
ふっ、明日のオーティス
十二月九日、俺は息苦しくてたまらない
十二月九日、本物が欲しくてたまらない
いつでも、愛する事は自由だと知っている

愛の歌を死ぬまで聞きたい

まだ冷めやらず

閉じ込めた熱を使い切れずに
この冷たさに軽くやられそうになる
疲労は嘘を見逃してはくれずに
勢いは真実を支えてはくれない

だけど
どうってことないと言っておこう
強がりなんかじゃなくて

そうだ
そのうち忘れてしまえる程度のものだ
やりきれない事のひとつやふたつ

閉じ込めた熱は冷めはしない
やり方次第で・・・・・・

無風

凍てついた空を染める夕陽
懐かし気なあの日の風
今は全部が幻に姿を変えたどり着く事のできない遠い遠い僕自身
どうせ使い途のないカビ臭い思考いったい何時捨ててしまえるのだ
戻るものもなく戻るつもりは更々なく漂うだけのぶざまな空白
調子の良い声に耳を傾けても
なびく暇もただなくて
プロフィール

tukeji

Author:tukeji

昭和中期の冬に大阪で生まれる
バンド、詩、その他もろもろの真っ最中

<当サイトに掲載されている詩、文書の著作権は全てtukejiに有ります。無断転載、複製は固く禁じます>
リンクはフリーです。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる