不在夜

かくかくしかじか最も
繋がらないこの夜の苛立ちを
捨て去る事はできないけれど
忘れ去る事なら随分容易い
ほんのちょっとの強がりさえあれば
ないものはないまま

かくかくしかじか最も
交わらないこの夜の意味を
受け入れる事はできないけれど
思いを誤摩化すには丁度良い
ほんのちょっとの弱気を置いていくには
ないものはないまま

その答え

正解なんて知らない
いや多分理解できていないのだ
だからそこまでたどり着くために
呆れ返るほどの努力を誰もが信じる

でも、信じた者だけが知っている
本当のその答え

刹那発

甘いしたたり
満ちる悦楽
果ての虚しさなど計算外
何処で尽きるか
保証なき欲望
残るものない一度の極み

味わうためだけに走り出す
まだ風に逆らいながらも

何となく過ぎる夜に

過ぎる夜の向こうに
堕落した時は吹きだまり
常に言葉が必要な訳じゃないが
それを見失う心が重要なはずもない

過ぎる夜の真ん中で
理屈や公式や常識やその他諸々
何ひとつ通用しない訳じゃないが
それが意味を持つほどまともなはずもない

何となく過ぎては
時を削る
何となく過ぎては
無を増やす

春霞

曇って隠れたものだらけ
浅はかな春の光が残すやるせなさ
見えないものはなかった事にしてしまう
見事な春のだらしなさ

隠れて逃したものだらけ
きらびやかな想いとは裏腹に
見えないものさえ見えた気になる
見事な春の適当さ

うすらぼんやり霞んでは
うすらぼんやり霞んでは

この乾いた唇を濡らしたい
引き裂けてしまう前に
潤いなんて上品でもないが
枯れ果てるほど役立たずでもあるまい
ぴちぴちとはじけすぎないよう
ぶよぶよにふやけないよう
丁度良い空気に触れたい
ただこの唇を濡らしたいがために

第三の季節に

柔らかな日差しの訪れに
狂気乱舞するわけでもなく
ただぼんやりと心を預ける
なんとか通り抜けた山場を振り返る事もなく

全てが終わらないままに
自分勝手に走り出し凪がれ出す
もうぼんやりとしている間もなく
第三の季節はしたり顔でやって来るだろう

僕にとっての三番目の季節を
待っていたのは誰かさん
僕にとっての三番目の季節が
気持ち良いのは誰かさん

狂い咲き舞い散る桜はもうすぐだ
誰も彼もの一番目の季節はそう遠くはなく
僕の中に居座る第三の季節に
僕の中の勝手な順番の・・・・・・

投げては返し

投げては返し
投げては返し

何度繰り返したのか判らないほど
何処まで続くのか判らないほど
現在どのくらいかも判らないほど
最初は何時かも判らないほど
最後は何処かも判らないほど
判らなさは自由だ
少なくとも判りきったことよりも

投げては返し
投げては返し

何度繰り返しても変わらないほど
何処まで続いても変わらないほど
現在どのくらいでも変わらないほど
最初が何時でも変わらないほど
最後が何処でも変わらないほど
変わらなさは素敵だ
全てを忘れてしまうことよりも

ピカレスク人生

悪くもないよ
辛くもないよ
本当は好きなんだ
何故か心地良いんだ

だから済まん自分勝手で
だから許してお前だけは
歩くのが随分疲れる道だけども

離れられないよ
忘れられないよ
染み込む刹那から
終わらない酔いから

とうとう真っ直ぐ見えなくて
とうとう此処を踏み外しても
疲れる事なんてどうせしれている

花火はいつも鮮やかに燃え尽きてこそと
そんな理屈をもう覚えてしまった
こんな人生だってと

斜陽感

日の入りに合わさる
ぎらついた衝動
痛みすら忘れ去る
甘美な過ち
抑えきれない期待感に溺れ
簡単には訪れない終止符を待つ
どこまでも千切れそうな空気が漂う中で

あっ、時代

現実を越える想像力なんて
誰も信じていないだろうが
この狂った世の中じゃ
ソッポは向けない
全く時代は変わったんだよ

明日に繋がる想像力なんて
本当は誰も知らない
このありふれた毎日に
ソッポを向けても
全く時代は手に負えないよ

狂って狂って朽ち果てるかも
イカレてイカレて風にも乗れないのなら

もうこんな時間・・・・・・

もうこんな時間・・・・・・
もう一日が終わってしまう
過ぎてしまう今日なんて忘れてしまうにかぎる
すがりついてもどう転ぶわけでもなく

もうこんな時間・・・・・・
知らない明日がやって来る
判りあえない今日よりは少しましかもしれない
照らすものなんてどこかに転がっているから

それでも、あがき続ける草臥れた感情は
それでも、こだわり続ける過ぎ行くままのこんな時間にさえ
プロフィール

tukeji

Author:tukeji

昭和中期の冬に大阪で生まれる
バンド、詩、その他もろもろの真っ最中

<当サイトに掲載されている詩、文書の著作権は全てtukejiに有ります。無断転載、複製は固く禁じます>
リンクはフリーです。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる