不条理の果ては

ひとつを手に入れ
ふたつを捨てる
馬鹿馬鹿しき不条理

蹴飛ばしてしまえ
俺の知ってる
馬鹿馬鹿しき不条理

適当に廻ってる
どうせ世の中
神々しきかな一番綺麗な俺の正論

今宵の宝

季節外れの寒さなど
軽く越えていける
醒めないこの熱は
今宵手にした宝のように

限られた時刻の中であれ
抱きしめたのは壊れぬ想い
限られた時刻の中であれ
持っていくのは確かな想い

見えるものだけ

匂い立つ

清々しきは風の中

紛らわしさは眼中に無く

爆発寸前

溢れ出す季節であれ
心は抑えておこう
もう少しの間は

こんな処で
涙が零れ落ちぬよう
こんな処で
解き放てはしないから

まだ遠い季節まで
ぼちぼち想いは爆発しそうだが

しょうがない

溜まり溜まった言葉に沁み入る
何故に非対称の麗らかな日差しよ
通り過ぎれば分らない事だって
感じてしまうからしょうがない
通り過ぎればどうでもいい事だって
躍起になってしまうからしょうがない
まだ汚れちゃいないと
何度も何度も確かめては
ああ、しょうがない
全く、しょうがない

今はただ

舞う風に

この身さらして

春を待つ

ウーララ

春、ウーララ
素敵な時刻
春、ウーララ
破れかぶれに
春、ウーララ
こんなはずじゃなかったのに

なるようになる
中途半端なものさ
なるようになれ
だってみんな浮かれてる

春、ウーララ
全てが幸せであれ
春、ウーララ
似合おうが似合わなかろうが
春、そんな季節にて
プロフィール

tukeji

Author:tukeji

昭和中期の冬に大阪で生まれる
バンド、詩、その他もろもろの真っ最中

<当サイトに掲載されている詩、文書の著作権は全てtukejiに有ります。無断転載、複製は固く禁じます>
リンクはフリーです。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる