ぼちぼち

どこまでも行けそうな夜

風吹いた

鳴かず飛ばずが

眼を開く夏

切れたら結ぶ
結んで手繰り寄せる
見た目なんか知らないよ
傷だらけで何が悪い
繫ぎ目だらけの不器用な線になる
ちょっとやそっとじゃほどけない頑丈な線になる

すれちがう

難しく

想い裏腹

すれちがう

言葉のあやは心のあやと

夏の日は

ありふれた夏の景色をただぼんやり眺めてる
これ以上の贅沢なんてどこにもないような気になって
やわらかな心地良さはゆっくりと熱を冷ましながら夢へと繋がって行くだろう
何もかも悪かろうはずのない甘い夏の日は

ありふれた夏の匂いをまた嗅ぎつけてきたところ
たったいま風が一瞬の永遠を引き連れて吹き抜けた
見逃すはずもない決定的な想いは懐かしくも新しい宝物のように輝き始めるだろう
何もかも悪かろうはずのない甘い夏の日は

取り急ぎLIVEの告知!!

今度の日曜日、俺がベースを弾いている、クレイジー・ダイヤモンズのライブが有ります。
忘れとったわけちゃうけど取り急ぎ告知。
いつもの如く、ご近所の方、暇な方、ぶっとびたい方、よろしく、どうぞ。


2014.7.20(sun)大阪 本町Mother Popcorn

open 17:30 start 18:00

前売り、当日共 1000yen (drink代要別途)

  出演 ROBBINS
     paco delic
     クレイジー・ダイヤモンズ
     なんばスナフキン

とにかくそこにいたいから

そこにいたいから
なにひとつどうってことない
とにかくそこにいたいから
僕はクタクタになっても

そこにいたいから
なにひとつ不自由じゃない
とにかくそこにいたいから
僕はボロボロになっても

そこにいたいから
どうせ好きでたまらないから
とにかくそこにいたいから
僕は泣いたり笑ったり

そぼ降る雨に

濡らせばいいこの気持ちを
中途半端な雨ならなおさら丁度良い
全てを流しきれないくらいが好都合

そこまで来た夏が香る蒸し暑き夜
そぼ降る雨にうたれて想う

相変わらずの夜と僕に

満足なんてどこにもないけど
一歩手前の心地良さ
成るように成れだいつだって

優しさの意味なんて今夜は知らない
どうせ真っ裸かだ
理屈になんて縛られっこない

夢が見たい
それに酔いたい
薄ら透けてるこんな夜は

何度、僕はそんな夜を詠っただろうか

相変わらずの夜と僕に
ささやかな乾杯を
プロフィール

tukeji

Author:tukeji

昭和中期の冬に大阪で生まれる
バンド、詩、その他もろもろの真っ最中

<当サイトに掲載されている詩、文書の著作権は全てtukejiに有ります。無断転載、複製は固く禁じます>
リンクはフリーです。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる