挨拶もなしに

空気はひび割れ夜は来た
すぐに秋は消えて行った
いつの間にか知らん顔して
挨拶もなしに

けたたましく潜り込んで来た
冬の匂いが大きな顔をしながら
色は失せて時間は乱れた
挨拶もなしに

挨拶もなしに
さようならを
挨拶もなしに
ようこそを
挨拶もなしに
秋はずっと向こうへ消えて行った

挨拶もなしに
秋は行ったまま
挨拶もなしに
冬は来る

挨拶もなしに
冬は眼の前に現れた

コメントの投稿

非公開コメント

挨拶なし!

ゆあ~ん、ゆよ~ん、ゆあゆよ~ん…
世を拗ねて、拗ねて、
ついには、諦めてしまった
無精ヒゲの中也さん…
みたいな…。

人間は、一面だけでは出来ていない!…
A面もあれば、もちろんB面もアルのさ…!
みたいな、印象というか感想です。
闘う相手は…、
つまりは、いつも自分!なのですよね…。
来る『冬』を拒まず、去る『秋』は追わず…。
それも悪くないと思います。

でも、やっぱり、
何かを遺したい!と思いますよね。
自分が生まれて、生きた証拠として…。
去ろうとしている『秋』を、引き止めたい!と、
思いますよね…。
(思うトコロと違ったら、ごめんなさい…お馬鹿なもので…)

ながながと、お邪魔しました~!
頑張ってください。
無精ヒゲの中也のようなAuthorの写真が好きです…(笑)

Bye‐Be!

ゆださん

コメント、おおきにサンキュー!
闘う相手は、いつも自分。まあ、自分だけではないが、多分その通り。
自分と闘えない奴が他者と闘える訳がないですね。
去ろうとしているものを引き止めるのはほとんどの場合は無理なこと。
結局は、なるようになれ。ということだが、そんな無理をするために生きているんだと思う。
これからも、よろしく。
special thanks myfriend ゆだ
プロフィール

tukeji

Author:tukeji

昭和中期の冬に大阪で生まれる
バンド、詩、その他もろもろの真っ最中

<当サイトに掲載されている詩、文書の著作権は全てtukejiに有ります。無断転載、複製は固く禁じます>
リンクはフリーです。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる