冬が終わる頃

張りつめていた空気が緩み出す
いつの間にか引きずられて行く心
待ちわびているのは誰なんだ
待ちわびていたのは誰だった
どこまでも突き破って行きそうな
草の芽をじっと見つめる

もうすぐ霞んだこの景色に
全ては酔っぱらって行くのだろう

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

はじめまして
blog rankingからお邪魔させていただきました。

綺麗な詩と感性に出会えて
今夜は素敵な夢が見られそうです。

私も詩を書くのが好きで、ブログにつらつら並べてます。
tukejiさんには程遠く、まだまだ拙いものばかりですが
これからも頑張ります。

また来させていただきますねv-22

No title

>もうすぐ霞んだこの景色に
>全ては酔っぱらって行くのだろう

の部分が最高です

miyabiさん

まあ、綺麗かどうかは分かりませんが、いつでも来てください。俺もお邪魔します。お互いに素敵な夢を見続けられるよう、がんばりましょう。
これからも、よろしく。
special thanks myfriend miyabi

frammentoさん

なんか春は、いつでも霞んだ景色に感じてしまう。
中途半端に心地良く、中途半端に生温い。
季節の変わり目、冬の終り。何か全てが酔っぱらった気分です。
これからも、よろしく。
special thanks myfriend frammento
プロフィール

tukeji

Author:tukeji

昭和中期の冬に大阪で生まれる
バンド、詩、その他もろもろの真っ最中

<当サイトに掲載されている詩、文書の著作権は全てtukejiに有ります。無断転載、複製は固く禁じます>
リンクはフリーです。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる