FC2ブログ

眼を瞑ってしまうと

眼を瞑っていると駄目になりそうで
だから僕はこの汚い景色を眺めている
止め処なく心の中に群がる自分勝手な景色よりは幾分穏やかな気がして

時計の針を逆さに廻したところで
何がどうなる訳でもないのだ
何時までも僕が背負っていく光と影は当たり前のように共有を拒む

望まないこと望むこと
捨てていくもの持っていくもの
人生は何度もそんな対立を消化してしまう

歩いていくこと立ち止まること
狂っていくこと素面でいること
僕の瞼の裏側で
僕の心の内側で
本当の解決など何ひとつできないことを知っている

いま眼を瞑ってしまうと何かが粉々に破裂してしまいそうなんだ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tukeji

Author:tukeji

昭和中期の冬に大阪で生まれる
バンド、詩、その他もろもろの真っ最中

<当サイトに掲載されている詩、文書の著作権は全てtukejiに有ります。無断転載、複製は固く禁じます>
リンクはフリーです。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる