哀しいかな

あといくつ寝るとこの忌々しい時刻を通り過ぎれるのだろう
押し込められた感情は爆発しそうで
だけど僕は理解してしまう
哀しいかな
そんなところで

あといくつ寝るとこの暗い闇が綺麗に明けるのだろう
行き場を失くした本当の意味は
またここで誤摩化される
哀しいかな
そんなところで

寝ても覚めても
哀しいかな
僕は潰れない

寝ても覚めても
当然
僕は潰れない
そんなところでは

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。
最初の書き出しからして、何か楽しい調子だなっと思ったら、
するっとそれが陰鬱とした印象へ急転換して、騙されたあと思いながら
最後まで拝読いたしました。
「哀しいかな」という男気のある悲哀に満ちた言葉が粋だなあと思いました。
辛いのだけれど、どこかまだ誇りを失っていないような、
かっこ良さのある言葉だなと思いました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ぼうひとさん

哀しいかな、あといくつ寝ると・・・・・・、なんて言ってられないヘビーな毎日。
それでも俺は言葉を綴る。だからこそ綴る。哀しいかな、潰れないから。
拝読、おおきにサンキュー。
special thanks myfriend ぼうひと
プロフィール

tukeji

Author:tukeji

昭和中期の冬に大阪で生まれる
バンド、詩、その他もろもろの真っ最中

<当サイトに掲載されている詩、文書の著作権は全てtukejiに有ります。無断転載、複製は固く禁じます>
リンクはフリーです。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる