無風

凍てついた空を染める夕陽
懐かし気なあの日の風
今は全部が幻に姿を変えたどり着く事のできない遠い遠い僕自身
どうせ使い途のないカビ臭い思考いったい何時捨ててしまえるのだ
戻るものもなく戻るつもりは更々なく漂うだけのぶざまな空白
調子の良い声に耳を傾けても
なびく暇もただなくて

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

おっしゃる通り。全ては感覚。結局はそこへたどり着くのだと思います。
あっ、歌詞は俺です。詩よりも以前に詞から始めたもので。
それから、散文、読ませてもらいました。この泥さは実体験として俺の中にはない事かもしれませんが、
感覚的には解ります。さっきも言ったけど表現の本質なんて感覚だと思います。
special thanks myfriend

プロフィール

tukeji

Author:tukeji

昭和中期の冬に大阪で生まれる
バンド、詩、その他もろもろの真っ最中

<当サイトに掲載されている詩、文書の著作権は全てtukejiに有ります。無断転載、複製は固く禁じます>
リンクはフリーです。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる