やわらかなためらい

この街にくる朝はきらいや
ゆっくり寝とかれへんから
太陽なんか嘘くさいし
雨なんか降ったら心が腐りそうや

もうちょっといったら
ええとこあんねんけど
とにかく朝は動かれへん
俺の身体は重いんや

この街にくる朝は地獄や
夏の匂いとか冬の匂いとか濃いくせに
あさがおなんかどこにも咲いてへんし
水たまりの氷も中途半端ですぐ溶ける

もうちょっといったら
ゆっくりできるかな?
そやけど俺はうっとうしい
頭だけは冴えてるからな

コメントの投稿

非公開コメント

No title

タイトルがとってもいいなと思いました。
大阪弁がとても優しく響いてきました。

caramel*さん

コメント、おおきにサンキュー!
ぼんやりとした朝の心像風景と実際に見えているもの、頭の中で繰り返すやわらかな苛立ちやためらいを言葉にしたかった。いつも使っている大阪弁で。
special thanks myfriend caramel*
プロフィール

tukeji

Author:tukeji

昭和中期の冬に大阪で生まれる
バンド、詩、その他もろもろの真っ最中

<当サイトに掲載されている詩、文書の著作権は全てtukejiに有ります。無断転載、複製は固く禁じます>
リンクはフリーです。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる