夢の跡に

夜は早々と僕たちだけの時刻に終止符をうちたがる
窓の隙間から忍び込む明かりに一夜の夢が覚めていく
帰れない夜の刹那と始まったばかりの夏
染み込んだ匂いは次の季節をただ待ち望む
途切れた話しの続きならきっと終わりはしない
やわらかな呟きを包み込んだままの夢の跡に

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

おおきにサンキュー。
好き勝手に詩なんぞを書きなぐっているだけですが、いつでもいらして下さい。
special thanks myfriend

終わらない夢

朝は何もかもを連れ去ってしまうから、、寂しくなる
大切な人との時間は尚更・・

けど、
途切れた話しの続きならきっと終わりはしない・・

この心を忘れないでいたいです

優しくて切なくてキラキラした想い

夏は大好きだけど、
生まれて初めて秋が待ち遠しいMamuより ( ˘ ³˘)♥

Mamuさん

うん。たしかに朝はなにもかもを連れ去っていく。
一日の始まりのくせに、なんともせつないんですね。
そういえば、夏の終わりと秋の始まりはそれとよく似たせつなさが感じられる。
きっと、途切れた話しの続きは始まる。この夏が終わる頃に。
special thanks myfriend Mamu
プロフィール

tukeji

Author:tukeji

昭和中期の冬に大阪で生まれる
バンド、詩、その他もろもろの真っ最中

<当サイトに掲載されている詩、文書の著作権は全てtukejiに有ります。無断転載、複製は固く禁じます>
リンクはフリーです。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる