夏の日は

ありふれた夏の景色をただぼんやり眺めてる
これ以上の贅沢なんてどこにもないような気になって
やわらかな心地良さはゆっくりと熱を冷ましながら夢へと繋がって行くだろう
何もかも悪かろうはずのない甘い夏の日は

ありふれた夏の匂いをまた嗅ぎつけてきたところ
たったいま風が一瞬の永遠を引き連れて吹き抜けた
見逃すはずもない決定的な想いは懐かしくも新しい宝物のように輝き始めるだろう
何もかも悪かろうはずのない甘い夏の日は

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tukeji

Author:tukeji

昭和中期の冬に大阪で生まれる
バンド、詩、その他もろもろの真っ最中

<当サイトに掲載されている詩、文書の著作権は全てtukejiに有ります。無断転載、複製は固く禁じます>
リンクはフリーです。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる